サボり中の出来事:左後ろ脚負傷
サボり中のダイジェスト

****************

※ 5月28日水曜日 ※

Boo家御一行様との楽しい戯れの翌日、
我が家は 定休日。
でも、用事で昼から皆で出掛けなければいけない。
ラル坊は同行できないため留守番。

すっかり帰宅時間が遅くなり せっかくの休日だったのに・・・

一日置いてきぼりをくったラル坊は 帰宅を大喜び。

ふと 気がつくと ラルフの歩き方がおかしい。

????

後ろ脚を カクンカクンと びっこを引きながら歩いている。
溺愛乳母は 心臓が口から飛び出しそうだ。

始めは 右脚なのか左脚なのか 判断がつかないほど微妙なビッコ。
それが 段々 酷くなっていく・・・。
左足だ!

時間は既に10時半をまわっている・・・。
かかり付けの病院は 救急外来も受けているので 連絡すれば診てくれるはず。
どうしよう・・ 何処が悪いんだろう・・・ どうしたんろう・・・
不安で一杯。


結局 一晩様子をみて 翌日の状態で病院へ行くか決めよう、と
その晩は 早々に就寝。

いつもなら、皆が寝た後、一番遅くまで起きている乳母に 
玩具をとっかえひっかえ咥えてきて 「遊ぼっ!! 遊ぼっってば!!」と
深夜の猛アピールをするのに やっぱり具合が悪いのか ラルフも大人しく寝る・・・。

やっぱり おかしい。

で、翌朝。
乳母のベッドで一緒に寝ていたラルフ。
起き上がる時 小声で 「キュン!」と一声。

病院行き決定。


すぐさま身支度を済ませ 病院へ出発。
受付で状態を話すと 早速 診察してくれました。
が・・・・
歩き方を見たいドクターなのに、名前を呼ばれて大はしゃぎのラル坊。
猛烈な勢いで小走りに先生に接近(^^ゞ
歩けるじゃん!!
ってか、今 走ったよね????
オイオイ。

丁寧に触診をしてもらったけど 骨折のような症状もないし・・・。
強いて言えば 左後ろ脚の肉球が結構 擦り剥けているくらい。
でも ラルフがそんな程度で ビッコをひくわけもないし・・と先生。

とりあえず 痛み止めの飲み薬を貰い、飲み終わった後も変化がないようなら
腰から下を何枚かレントゲンを撮りましょう との事。

最後に先生から
「安静にね!お願いね」 と 背中をポンポンとされ帰宅。

一番難しいお願いだ。 安静


しばらく散歩と 性格上 張り切るのでお友達との戯れを禁止され
お薬貰って様子をみることになりました。

その晩は さすがに 大人しいラルフ。
やっぱり痛いんだね・・・。
b0087536_0451531.jpg
ずっとこんな調子でクッションから動こうとしない。
そんなラルフを見ているだけで 乳母は心が痛みます。

2日間は こんなダラダララル坊で 不可能かと思われた安静状態保持。
薬のせいか 痛みのせいか 夜も早寝でした。
玩具を前に じーーーっと 恨めしそうな目で見るだけ・・・
b0087536_0514735.jpg
心配だぁー。


それでも 歩き方も徐々に普通に戻り、昨日の夜から動きも復活。
痛み止めの薬も飲み終わったから これから数日間の方 油断は禁物!
そんな家族の心配をよそに テンションも上り調子。
家の中を 玩具を振り回し走ったり、ベッドからジャンプしたり・・・
やめてくださーい。


最初に異変に気づいた火曜日、帰宅した時に ラグがめくれあがっていた。
乳母が思うに、外の音に反応して 走りこんでソファに飛び上がる時、
ラグがズルッとすべり、人間でいう 筋でも違えたのか・・・。
そんな気がします。
気になって 体中 ひっくり返しながら観察しても 触ってみても
腫れもないし、嫌がりもしない。
捻挫なのか、筋を違えたのか・・そんな感じだったのかな。

早く全快するといいね、ラルちゃん!
もう少し 安静に頼みますー。
[PR]
by ralph-web | 2008-05-31 23:21 | 病院
<< カリンちゃんと会ったよ!! サボリ中の出来事:パピー御対面 >>